気象予報士2670号(金子大輔)の天気・気象ブログ

お天気・気象ネタを書いていくブログです♪。気象好きな方、空や雲が好きな方、よろしくおねがいします。

鹿児島中之島で1時間に99mmの猛烈な雨

3日早朝、鹿児島中之島で1時間に99mmの猛烈な雨が降った☔。

f:id:turquoisemoth:20200603180437p:plain

2020年6月3日降水量

 

f:id:turquoisemoth:20200603180519p:plain

2020年6月3日天気図

↑梅雨前線が鹿児島の南に停滞。
梅雨前線による集中豪雨は、梅雨前線のすぐ南で起こることが多いので、
やや変則的なパターンといえよう。

f:id:turquoisemoth:20200603180551p:plain

2020年6月3日雲画像

↑真っ白に輝く雲が、鹿児島の南に映っている。
背の高い積乱雲の集団である。

f:id:turquoisemoth:20200603180628p:plain

850hPa天気図

↑850hPaで18℃の暖気(晴れれば33℃くらいになる)に
沿うように、湿り域(梅雨前線)が横たわる。

f:id:turquoisemoth:20200603180658p:plain

相当温位


↑そして、梅雨前線に沿うように、
相当温位342Kの湿った暖かな空気が流れている。


f:id:turquoisemoth:20200603180719p:plain

予想天気図

↑さらに、鹿児島付近で風がぶつかり合っており、
これが積乱雲発達のトリガーになったと思われる。
梅雨にはよくあるパターンだ。

 

元・台風1号の熱帯低気圧が梅雨前線を刺激

台風1号から変わった熱帯低気圧が北上し、
梅雨前線に近づいてきています。
梅雨前線が刺激され、西~東日本では大雨になるかもしれません。

f:id:turquoisemoth:20200518212043p:plain

天気図

熱帯低気圧は北東進。

 

f:id:turquoisemoth:20200518212108p:plain

雲画像

熱帯低気圧付近と、前線に相当する朝鮮半島東側には
ゴツゴツとした積乱雲の集団。

 

 

f:id:turquoisemoth:20200518212133p:plain

レーダー

↑積乱雲の対応するように、真っ赤な「流血エコー」が見られる。

f:id:turquoisemoth:20200518212158p:plain

レーダー

↑すごいエコーだ。

 

 

f:id:turquoisemoth:20200518212219p:plain

雷情報

↑雨量だけでなく、落雷⚡もかなり活発なようだ。

 

f:id:turquoisemoth:20200518212244p:plain

竜巻発生頻度

↑竜巻🌀のリスクも高め。陸地にかかっていないことがせめてもの救いだ。

 

 

f:id:turquoisemoth:20200518212323p:plain

相当温位

↑18日夜にかけ、熱帯低気圧に対応した湿った暖かな空気は、
東に移動し、強い雨の範囲も東へと移動。

 

 

f:id:turquoisemoth:20200518212352p:plain

850hPa天気図

↑四国付近では、南からの湿った風が収束し、
雨量が多くなる可能性が高い。

f:id:turquoisemoth:20200518212422p:plain

500hPa天気図

↑一方、黄海の上空5500m付近には強い寒気。
この寒気も、積乱雲発達のトリガーになっていると思われる。

5月15日からの九州での非常に激しい雨

15日深夜から、九州でしだいに雨脚が強まり、
各地で非常に激しい雨が降りました☔。

f:id:turquoisemoth:20200516111617p:plain

雨量1

f:id:turquoisemoth:20200516111645p:plain

雨量2

f:id:turquoisemoth:20200516111711p:plain

雨量3

f:id:turquoisemoth:20200516111742p:plain

レーダー

↑レーダーでも広い範囲に赤い「流血エコー」が広がっている。


f:id:turquoisemoth:20200516111822p:plain

雲画像

↑雲画像でも、九州南部から三角形の積乱雲テーパリングクラウド
が見られる。これは集中豪雨でよくある雲のパターンです。


f:id:turquoisemoth:20200516111851p:plain

850hPa天気図

f:id:turquoisemoth:20200516111911p:plain

相当温位


↑上空約1500m付近では、
温かく湿った空気が九州付近でぶつかり合っているのがわかります(収束)。
これが積乱雲を発達させるトリガーとなりました。


f:id:turquoisemoth:20200516113226p:plain

天気図

↑九州は、梅雨前線のすぐ南に位置しています。
前線のすぐ南は、豪雨が起きやすいとされています。

北関東(栃木・茨城)や北海道で雷雨、雹も

13日は、北関東や北海道で雷雨⚡になり、
雹が降ったところもあったようです。

はじめてtogetterというものを使い、
雹の報告をまとめました🍨

togetter.com

f:id:turquoisemoth:20200513213003p:plain

レーダー1

↑午前中、栃木県に発生した雷雲。

 

f:id:turquoisemoth:20200513213033p:plain

レーダー2

↑雷雲は東へと移動。

f:id:turquoisemoth:20200513213058p:plain

レーダー3

↑雷雲の延長上の埼玉県内でも積乱雲が発生してくるが。

f:id:turquoisemoth:20200513213126p:plain

レーダー4

↑埼玉県の雲は、すぐに弱まってしまいました。


f:id:turquoisemoth:20200513213155p:plain

850hPa天気図

↑上空約1500mには、暖かな空気が入っています。

f:id:turquoisemoth:20200513213223p:plain

500hPa天気図

↑一方、上空約5500mには冷たい空気が流れ込んでいます。
寒気の中心は、-33℃という強いもの。
このため、北海道でも大気の状態が不安定になりました。

f:id:turquoisemoth:20200513213243p:plain

エマグラム

↑午前9時、館野のエマグラムでは、SSIはプラスの6.16となっており、
それほど不安定ではありません。

f:id:turquoisemoth:20200513213308p:plain

SSI

↑しかし、午後にかけて茨城や神奈川で不安定が強まってきます。
神奈川では雷雲の発生はありませんでしたが。


f:id:turquoisemoth:20200513214504p:plain

風向風速

↑赤いラインで、海風と陸風がぶつかっており、
雷雲発生のトリガーになったと思われます。

5月12日早朝の石垣島の集中豪雨

2020年5月12日早朝、石垣島付近で集中豪雨が発生⚡。
石垣島で1時間に125mmを観測しました。

石垣島地方気象台記録的短時間大雨情報を出し、
6時40分、石垣市市街地付近で120ミリ以上
竹富町竹富島付近で約120ミリの猛烈な雨が降った模様だと発表。

f:id:turquoisemoth:20200512221650p:plain

先島諸島の雨量

↑当時のアメダスです。豪雨は局地的で、
となりの西表島では極端な雨は観測されていません。

f:id:turquoisemoth:20200512221840p:plain

雲画像

石垣島付近に、白く輝く積乱雲が写っています。

 

f:id:turquoisemoth:20200512221919p:plain

天気図

↑梅雨前線は先島諸島の北に停滞していました。
前線のすぐ南側は、集中豪雨が起きやすいとされます。

f:id:turquoisemoth:20200512221945p:plain

風向風速

アメダスで風向を見てみると、
石垣島の南部付近で風がぶつかり合っているように見えます。



f:id:turquoisemoth:20200512223406p:plain

850hPa天気図

石垣島上空約1500mには、暖かな空気が流れ込んでいました。

f:id:turquoisemoth:20200512223431p:plain

500hPa天気図

↑一方、石垣島上空約5500mには強い寒気が流れ込んでいます。
(天気図を加工、色付けする際に少し補正をしています)


f:id:turquoisemoth:20200512223455p:plain

エマグラム

↑上空1500mに暖気、上空5500mに寒気、
大気の状態が非常に不安定で、SSIは-5.35まで下がっていました。

【まとめ】
・風の収束(ぶつかり合い)で積乱雲が発達。
・大気の状態が不安定で積乱雲が発達。

1986年に関東に接近した台風

1986年に関東に接近した台風のお話です。
この年、関東地方に接近した台風は4つありました。

この年は、990hPa前後で接近した台風が目立ちました。


★6号(7月3~4日)
東京総雨量5.5mm、最大1時間雨量1.5mm、最大瞬間風速:北東9.8m。
ピーク985hPa、接近998hPa。
台風まで遠かったうえ、弱い台風だったので影響が軽微だった例です。

f:id:turquoisemoth:20190727104638p:plain

1986年台風6月号



★8号(7月17~18日)
東京総雨量4.5mm、最大1時間雨量2.5mm、最大瞬間風速:北7.9m。
ピーク955hPa、接近時992hPa。

f:id:turquoisemoth:20190727104718p:plain

1986年台風8号




★10号(8月4~5日)
東京総雨量214mm、最大1時間雨量30.5mm、最大瞬間風速:北北西17.6m。
ピーク980hPa、接近時985hPa。

f:id:turquoisemoth:20190727104742p:plain

1986年台風10号




★15号(9月2~3日)
東京総雨量85.5mm、最大1時間雨量21.0mm、最大瞬間風速:東14.3m。
ピーク992hPa、接近時996hPa。

f:id:turquoisemoth:20190727104803p:plain

1986年台風15号



1985年に関東に接近した台風

1985年に関東に接近した台風のお話です。
この年、関東地方に接近した台風は3つありました。

★6号(6月30~7月1日)
東京総雨量150mm、最大1時間雨量21.0mm、最大瞬間風速:南36.7m。
ピーク960hPa、接近時965hPa。
王道コースで関東を襲った例です。

f:id:turquoisemoth:20190726113621p:plain

1985年台風6号



★12号(9月1~2日)
東京総雨量7.0mm、最大1時間雨量6.5mm、最大瞬間風速:南西18.5m。
ピーク955hPa、接近時1004hPa

f:id:turquoisemoth:20190726113646p:plain

1985年12号




★14号(8月30~31日)
東京総雨量75.5mm、最大1時間雨量20.0mm、最大瞬間風速:西南西27.0m。
ピーク985hPa、接近時990hPa。

f:id:turquoisemoth:20190726113709p:plain

1985年14号